油地下タンク清掃・貯水槽清掃

油地下タンク漏洩検査・清掃

地下埋設タンク等及び地下埋設配管の定期点検は、1年に1回以上実施しなければなりません。
特に定期点検は、消防法第14条の3の2に規定されており、危険物施設の異常を早期に発見し事故を未然に防ぐためにも非常に重要です。
危険物施設で発生する火災、漏洩などの事故は、人命や財産に大きな被害を与えるばかりでなく、環境汚染など周辺地域に深刻な影響を与えます。

タンク内の水分及びスラッジ等の滞留による地下タンク内、地下埋設
配管内の腐食防止の為には、タンク内の清掃をお薦めいたします。
水の混入によりボイラーを運転しても点火しない場合が発生しますので注意が必要です。

検査

清掃

建築物飲料水貯水槽清掃

マンション、高層ビルの高架タンク・受水槽の清掃、水質検査
10m3以上の貯水槽は、年1回の清掃が義務づけられています。